公益財団法人日本ボールルームダンス連盟

規約規定

採点管理者認定規定施行細則

平成14年1月28日常務理事会規定

目 的

第1条

この細則は、採点管理者認定規定第12条の規定に基づき、採点管理者の認定事業の実施に関し必要な事項を定める。

総局採点管理委員会の設置

第2条

各総局は、総局採点管理委員会を設置する。

試験の申請

第3条

  1. 各支局又は総局は、受験者がまとまり次第、随時、本部委員会に試験の施行を申請する。
  2. 第1次採点管理者資格試験は、原則として、年1回、10名以上で行い、受験者が少ない場合は、ブロック又は隣接県と合同で行うことができる。

認定講習

第4条

  1. 第1次採点管理者認定講習は、支局又は総局委員会が行う。
  2. 第2次採点管理者認定講習は、支局、総局又は本部委員会が行う。

講習時間

第5条

  1. 第1次採点管理者認定講習は、2単位(2時間)以上とする。
  2. 第2次採点管理者認定講習は、3単位(3時間)以上とする。

講習内容

第6条

第1次採点管理者の認定は、テキスト「スケーティングシステム」の理解度について、また、第2次は、その完全なる理解度と熟練度について行う。

認定試験

第7条

採点管理者認定試験の合格点は、1次試験は100点満点中70点以上とし、2次試験は100点満点中80点以上とする。

試験の方法

第8条

  1. 認定試験は、第1次、第2次試験とも1時間30分間とする。
  2. 試験開始時間を30分以上遅刻してきた者は、受験することができない。

試験問題の作成・送付

第9条

  1. 試験問題は、本部委員会が作成し、試験日の3日前までには、試験の責任者あてに送付する。
  2. 試験責任者は、当日、他の役員と共に開封し、受験者に配布して試験を実施する。
  3. 責任者は、試験終了後、答案用紙を厳封し、試験責任者及び2名の役員がサインをした上で、本部あて、宅急便にて至急返送しなければならない。

採点

第10条

答案の採点は本部委員会において、委員が複数で行う。採点結果は、採点後すみやかに、委員会の承認を得て、資格審議委員会に報告した後、その結果を本人及び所属支局又は総局に通知しなければならない。

認定講習及び受験料

第11条

認定講習の講習料及び認定料は、次のとおりとする。

第1次講習料 5,000 円 認定料 3,000 円

第2次講習料 7,000 円 認定料 3,000 円

認定講習及び試験に関する費用

第12条

認定講習及び試験に関する費用は、認定講習料から各総局又は支局が支弁することとする。

再試験

第13条

  1. 認定試験に合格しなかった者は、1回に限り再受験することができる。
  2. 再試験の認定料は、3,000円とする。

認定講習の講師

第14条

  1. 認定講習の講師は、第2次資格を有する連盟の正会員とし、総局委 員会が任命する。
  2. 総局委員会は、前項の講師を任命したときは、すみやかに本部委員会にその旨報告するものとする。

附則

  1. この細則は、平成14年4月1日から施行する。
  2. この細則は、平成20年4月1日から施行する。
PAGE TOP