公益財団法人日本ボールルームダンス連盟

ダンスの資格

プロダンス教師資格スタンダード1級認定試験

受験講習

受験をされる方は、規定の講習を受講する必要があります。
この講習は商業スポーツ施設インストラクター スタンダード部門1級としての最低限の技術や知識を身につけて頂くものであり、資格の取得には欠くことのできない重要なものであります。 受験するための講習には、個人指導と集合講習があります。

1.個人指導

個人指導は、技術・理論・指導方法等について指導を受けるものです。
内容として、スタンダード5種目(W・F・Q・T・Vw)の基礎知識・応用技術等を習得していただきます。

  • 単位は全部で40単位が必要で、試験日までに終了することが必要です。
  • 個人指導の受講者手帳は施行機関又は財団本部に申請する事によって交付が受けられます。(受験申込の際にも交付されます)
  • 個人指導の印は試験日から2年前までさかのぼることができます。
  • 個人指導を担当できるのは、商業スポーツ施設インストラクター、スタンダード部門1級以上の資格を所持している正会員に限られています。詳しくは受講者手帳の注意書きをよくお読みください。

2.集合講習

講習は次のような内容で10単位(2日~3日間)行われます。
使用する教材は、財団法人日本ボールルームダンス連盟が発行している下記のテキストを使用して講習を行います。

  1. ボールルーム・ダンス・テクニック(スタンダード)
  2. ウインナ・ワルツ・テクニック
  3. ワルツ質疑応答集
  4. フォックストロット質疑応答集
  5. クイックステップ質疑応答集
  6. タンゴ質疑応答集

(註)1単位は休憩を含め約1時間以内です。指定された日時・会場にて受講してください。

講習内容

項目内容(使用教材)単位
試験方法の解説 受験の手引き及び試験に関する注意事項 10
ダンスの基礎理論(スタンダード) ボールルームダンスの基礎理論及び指導実習
(ボールルーム・ダンス・テクニック)
(ウインナ・ワルツ・テクニック)

認定試験

試験は、実技試験(カップル・ダンス)、口頭試験(テクニックに関する問題)の2部門に分かれています。

1.実技試験(カップル・ダンス)

スタンダード5種目(W・F・Q・T・Vw)の各種目を約1分程度踊ります。カップルダンスは、ボールルーム・ダンス・テクニック中のフィガーを使用し、且つネームド・バリエーション(NAMED VARIATION)のフィガーを2つ以上、必ず使用して下さい。パートナーは当財団の登録会員(正会員を含む)であれば誰とでも結構です。また受験者同志でも構いません。ただし当日の試験委員は除きます。

2.口頭試験

本連盟が発行しているボールルーム・ダンス・テクニックをもとに作成された質疑応答集及びウィンナ・ワルツ・テクニック全ての中より出題されます。

(註)フレッカールは師範のみ出題されます。

試験の合格点

(1)実技試験(カップル・ダンス)

各種目100点を満点とし、各種目の点数の平均点が70点以上を合格点とします。但し、5種目の内2種目以上が70点に満たないときは平均点が70点以上の場合でも不合格となります。

(2)口頭試験

各種目100点を満点とし、各種目の点数の平均点が70点以上を合格点とします。但し、2種目以上が70点に満たないときは平均点が70点以上の場合でも不合格となります。

合格

実技試験(カップル・ダンス)、口頭試験の2部門とも合格点に達した場合、商業スポーツ施設インストラクター スタンダード部門1級に登録されます。

不合格

実技試験(カップル・ダンス)、口頭試験のいずれかが不合格になった場合は、成績発表のあった日から最初に行われる次の1級試験1回に限り、その不合格部門の追試験を受けることができます。また受験者の病気その他止むを得ない事情により、いずれかの部門を受験できなかった場合も同様とします(診断書または理由書の提出が必要となります)。

結果通知

試験の結果は合格・不合格にかかわらず本人及び施行機関に通知されます。

合格された方の手続き

合格された方は、当財団の商業スポーツ施設インストラクター スタンダード部門1級に登録されます。変更用紙に必要事項を記入のうえ、写真2枚(縦3cm×横2.5cmで必ず写真の裏面に名前を記入してください)とともに所属支局へ送付してください。後日、認定証および会員証を発行いたします。

PAGE TOP