公益財団法人日本ボールルームダンス連盟

ダンスの資格

JBDFアマチュアダンス指導員5級試験

受験講習

試験を受けられる前に講習を受けていただきます。

1.個人指導

個人指導は基礎理論と応用技術に対して3単位です。
個人指導は、個人指導を行うインストラクターがその受験者がその級の受験能力があると認めた場合は、個人指導を行わず、その指導者の推薦印で代えることができます。
(註)個人指導における指導者の資格はプロフェッショナルダンス4級以上の登録会員です

  • 個人指導の受講者手帳は受験を希望した時点で、施行機関又は財団本部に申請する事によって交付が受けられます。(受験申込の際でも交付が受けられます)
  • 個人指導の印は試験日から2年までさかのぼることができます。

2.集合講習

講習は次のような内容で6単位(1日~2日間)で行われます。
使用する教材は、公益財団法人日本ボールルームダンス連盟が発行している下記のテキストを使用して講習を行います。

  1. 指導教本(ソロでも含む)
  2. CD:(アマ)ソロ・デモ用アマルガメーション5.4.3級
  3. ビデオ:(アマ)ソロ・デモ用アマルガメーション5.4.3級
    (註)1単位は休憩を含め約1時間以内です。指定された日時、会場にて受講してください。
    (受講者手帳は受講申し込みの際に交付されます)

講習内容

項目内容(使用教材)単位
試験方法の解説 指導教本
ダンス基礎理論(スタンダード・ラテンアメリカン) 各種目のフィガーのチャートについての説明 (含む用語の解説)
3
実技(スタンダード・ラテンアメリカン) カップル・ダンス(W・T・R・Cha)、ソロ・デモンストレーション(W・T)についての講習
2

※講習ではカップルダンスの【SRD・SR(スクエアールンバ)・M(マンボ)・J(ジルバ)】も行います。

認定試験

試験は、実技試験と筆記試験の2部門に分かれています。

1.実技試験(カップル・ダンス)

指導教本(アマ5級)の4種目(W・T・R・Cha)を各種目約1分程度踊ります。パートナーは、当財団の登録会員(正会員を含む)であれば誰とでも結構です。また受験者同志でも構いません。音楽の演奏時間は各種目共約1分です。

2.実技試験(ソロ・デモンストレーション)

指導教本(アマ5級)の受験用ソロ・デモ・アマルガメーションより、スタンダード2種目(W・T)から各種目1題、男女いずれかのアマルガメーションをカウントと音楽に合わせて踊ります。

3.筆記試験 40問

指導教本(アマ5級)を教材として使用します。
ダンス指導の基礎理論及び指導方法については除きます。
1.チャート問題
出題範囲は、指導教本(アマ5級)より次のとおりです。タンゴのみフットワークも出題します。
ワルツ       3・4・9のフィガー
タンゴ       1・2・3のフィガー
ルンバ       1・5・6・7のフィガー
チャ・チャ・チャ   1・2・3のフィガー
2.用語の解説問題
出題範囲は、指導教本(アマ5級)より次のとおりです。

表.アマチュアダンス指導員5級認定試験用語出題範囲

>

アウトサイド・パートナー(OP) アクロス
オープン・ポジション クローズド・ポジション
コントラリー・ボディ・ムーブメント(CBM) コントラリー・ボディ・ムーブメント・ポジション(CBMP)
シャッセ タイミング
左サイド・ポジション(LSP) ピボッティング・アクション
ピボット フォーラウェイ
プロムナード・ポジション(PP) 右サイド・ポジション(RSP)
ライン・オブ・ダンス(LOD) 足の位置
アライメント 回転量(Amount of turn)
ライズ&フォール

以上の用語から出題されます。

  • 出題形式はチャート問題、用語解説問題のどちらも問題の中に のように空白部分がありますから、その部分の正しい答えを解答群の4つの中から選び、解答用紙(マークシート方式)の決められた解答欄に記入(マーク)するものです。
  • 筆記試験の所要時間は1時間30分です。

試験の合格点

(1)実技試験

各種目100点を満点とし、カップル・ダンス4種目とソロ・デモンストレーション2種目合計6種目の点数の平均が70点以上を合格点とします。ただし、6種目の内3種目以上が70点に満たなかった場合は平均点が70点以上の場合でも不合格となります。

(2)筆記試験

チャート問題・用語解説問題の各1問につき正解が5点で200点を満点とし、合計点が140点以上を合格点とします。

合格

実技試験、筆記試験ともに合格点に達した場合、アマチュアダンス指導員5級に登録する資格を得られます。

不合格

筆記試験、実技試験のいずれかが不合格になった場合は、成績発表のあった日から最初に行われる次の5級試験1回に限り、その不合格部門の追試験を受けることができます。また受験者の病気その他止むを得ない事情により、いずれかの部門を受験できなかった場合も同様とします(診断書または理由書の提出が必要となります)。

結果通知

試験結果は、合格・不合格にかかわらず本人及び施行機関に通知されます。

合格された方の手続き

合格された方は、当財団の登録会員になることができ、登録手続きをされますと認定証と会員証が発行されます。
合格通知書に登録用紙が同封されていますので、必要事項を記入のうえ、初年度年会費振込用紙のコピーを添付し、住所地の連盟にご返送ください。
※ 登録会員は年会費として¥12,000納入して頂きます。

アマ・メダルテスト合格者の特例事項

JBDF認定試験における、NDLSメダルテスト取得者の免除事項。

        

区分筆記カップルダンスソロデモ
アマチュアダンス指導員 5級 NDLSメダルテスト ファイナル級以上免除 NDLSメダルテストブロンズ級以上免除 区分

表.4級筆記試験に関するフィガー

ワルツタンゴ
3.ワルツ・クォーター・ターン 1.プログレッシブ・リンク
4.コーナー・チェンジ 2.クローズド・プロムナード
9.ナチュラル・スピン・ターン 3.バック・コルテ

ルンバチャチャチャ
1.クローズド・ベーシック 1.クローズド・ベーシック
5.ファン 2.ニューヨーク
6.アレマーナ 3.ハンド・ツー・ハンド
7.ホッキー・スティック
PAGE TOP