公益財団法人日本ボールルームダンス連盟

資料室

公益財団法人日本ボールルームダンス連盟 資料室

当資料室は平成17年にボールルームダンスに関係する書籍や雑誌、資料を集めて開設しました。
収蔵資料の中には、ボールルームダンスの評論家として長年にわたってダンスの変遷を見守り、その未来を深く考察し続けた故川北長年氏が収集された貴重な文献や、往年の名ダンサーそして名伯楽として名高い故永吉彰氏の所蔵文献や、昭和のダンスを語るうえで欠かせない「ダンスと音楽」誌など、貴重な資料が数多くあります。学生ダンスの育成に惜しみない愛情を注がれた獨協大学教授で本法人理事の故青柳多恵子氏(獨協大学・青柳研究室)より寄贈いただきました文献は、「青柳文庫」として公開しています。また、英国を代表する指導者の一人で、日本とも大変縁の深かった・故アレックス・ムーア氏の記念コーナーでは、氏が作成されたダンス教本や貴重な写真などを展示しています。 JBDFではボールルームダンスへのご理解と振興を願って、当資料室を本法人会員だけでなく、一般にも公開しています。

収蔵資料

所在地 東京都中央区日本橋浜町2-33-4 日本ダンス会館1階
(地下鉄 都営新宿線 浜町駅下車 徒歩1分)
開 館 午前10時~午後6時
定休日 土曜・日曜・祝日
(年末年始のほか、ビッグコンペ開催日などは休館となる場合があります)
利用規定 ご利用は無料ですが、コピーは有料です。 
また、原則閲覧のみで貸し出しはいたしておりません。
ご利用の際は、あらかじめ電話にて予約のうえ、ご来館いただきますよう
お願いいたします。
お問合せ 03-5652-7351

なお、当資料室ではさらなる内容の充実を図っております。次世代へ引き継ぐダンス界の財産として皆様のご協力をお願いいたします。ボールルームダンスに関する文献や資料をお持ちの方、ご寄贈いただける方は本法人までご一報ください。

PAGE TOP