公益財団法人日本ボールルームダンス連盟

ジュニア育成

ジュブナイル競技会 服装規制

この規制は、当連盟のジュブナイル競技会において、服装に不公平がないように定めるものです。
ボールルームダンスはエチケットやマナーを重視いたしますので、皆様方においては以下の服装規制を十分把握し、ご理解頂きますようお願い申し上げます。
なお、許可されない生地やスタイルの衣装は、採点の際、減点の対象となりますので、不安な場合は、前もって2着用意し、第1予選の前に担当チェッカー委員にお問い合わせください。

<男子の服装(スタンダード・ラテンアメリカン共通)
 
[髪] ・長い人は、髪色に馴染むシンプルなゴムとピンを使用し、
 結ぶこと。
・全ての髪飾り等の装飾は認められない。
[化粧・飾り] ・ラメの入った化粧品の使用は認められない。
・イアリング、ピアス、アームバンド、チョーカー額部のバンド
 等の装飾は認められない。
[シャツ] ・一般的な襟付きの長袖シャツ。色は白のみ。
・生地は無地のプレーンな木綿、ポリエステル等の混紡、ま
 たは伸縮性のあるもの。
・開襟シャツ、袖へのフリル等の装飾は認められない。
・袖を捲り上げてはいけない。
・シャツ裾はズボンの中に入れること。
[ズボン] ・標準のウエスト位置、もしくはハイウエストのもの。
・色は黒または濃紺で無地。
・サテンのウエストバンド、または同様の装飾は認められな
 い。ただし、側章(タキシード等に使用されているサイドの
 サテンテープ)は可。
・ベルトのバックルは装飾がなく、シンプルで大き過ぎないも
 の。
[ネクタイ] ・蝶ネクタイも可。
・無地で色は、黒または濃紺。
・イニシャルや装飾が入ったものは認められない。
[靴] ・黒の単靴
<女子の服装(スタンダード・ラテンアメリカン共通)
 
[髪] ・長い人は、髪色に馴染むシンプルなゴムとピンを使用し結
 ぶこと。
・全ての髪飾り等の装飾は認められない。
[化粧・飾り] ・化粧は可とするが、付けまつげ、付け爪、ラメの入った化粧
 品の使用は認められない。
・品位と清潔感があり、その年齢にふさわしいものであるこ
 と。
・イアリング、ピアス、アームバンド、チョーカー、額部のバン
 ド等の装飾は認められない。
[ドレス] ・シンプルなドレス。
・レオタードにスカート。
・ブラウスにプリーツスカート。
・丈は、膝上10cmより短くなってはならない。また、膝頭の
 下より長くなってもならない。なお、膝上10cmとは、膝頭
 の上の部分から10cm、もしくは床に膝をついた状態から
 10cmとする。
・色の指定は特に無いが、ドレスの場合は1色のみ、レオタ
 ードにスカートや、ブラウスにプリーツスカートを合わせる
 場合は、2色までとする。
・生地は、レオタード用の生地のみ可とし、レースや肌色が
 透けるもの、ラメ等の光る素材の使用は認められない。
・テグスやワイヤー等の細い物を裾に巻き込んでの使用は
 可。ただし、ナイロンテープのように幅のあるものは認めら
 れない。
・また、バイアステープの使用や、装飾目的の縁取り(パイピ
 ング等)は認められない。
・ダブル円形まで可。
[ペチコート] ・白またはスカートと同色のみ可。スカートの裾からはみ出さ
 ないこと。
[襟] ・タートルネック(許可されるスタイル①)、Vネック(同②)、ス
 クエアネック(同③)、ボートネック(同④)、丸襟(同⑤)。
・ブラウスの場合、極端に襟の大きなもの(許可されないスタ
 イル④)、ステッチ(同⑤)や飾りが付いたもの(同⑥)は認
 められない。
・ボートネックの場合は、幅7cmまでのフリルを付けても良い
 (許可されるスタイル⑥)。
[袖] ・半袖(許可されるスタイル⑦)、五分袖(同⑧)、七分袖(同
 ⑨)、八分袖(同⑩)、長袖(同⑪)、ノースリーブ(同⑫)、
 パフスリーブ(同⑬)。
・ノースリーブの場合は、肩の部分が胴体より内側に入らな
 いこと(許可されないスタイル⑦)。
・パフスリーブの場合は、半袖の長さとし、袖口のフリルは認
 められない(許可されないスタイル⑧)。
・長袖の場合、手甲のように指先まで生地を使い、ゴムを指
 に通すことは可(許可されるスタイル⑭)。
[靴] ・ブロックヒールで高さは3.5cm以下とする。
・後からスパンコール等縫い付けた物は認められない。
※ジュニア戦に挑戦するジュブナイル(12歳未満)の選手
 は、3.5cm以下のブロックヒールを使用すること。
[靴下・タイツ] ・白色のソックスまたはハイソックスを着用すること(同色の
 レースが付いている物も可)。
・タイツは肌色または白色に限り許可されるが、プレーンな
 物であること。網タイツは認められない。また、タイツの上
 に、上記のソックスを着用すること。
★ ジュニア(中学生以上)に服装規制が適用される場合
  ・靴のヒールの高さは7cmまでとする。
  ・白ソックス着用の義務はない。
  ・プレーンなタイツは肌色または白色に限り認められる。
  ・網タイツは認められない。
  ・極力素足にならないようにするが違反ではない。

許可されるスタイル(例)
【許可される生地とスタイル】
○ ①タートルネック
②Vネック
③スクエアネック
④ボートネック
⑤丸襟
⑥ボートネックにフリル(幅7cmまで)
⑦半袖
⑧五分袖
⑨七分袖
⑩八分袖
⑪長袖
⑫ノースリーブ
⑬パフスリーブ
⑭手甲


フリル幅は7cmまで

許可されないスタイル(例)
【許可されない生地とスタイル】
× ①ネックに切り込みを入れたレオタードまたは片袖ドレス
②ストラップの付いたもの
③ドルマン袖
④極端に大きな襟
⑤ステッチの付いた襟
⑥飾りを付けたもの
⑦肩が胴体より内側に入ったノースリーブ
⑧袖口にフリルのついたパフスリーブ
⑨重ねたり、切れ目を付けた袖、袖口にフリルを付けたもの
⑩ボディストッキングまたは類似のシースルー生地のつい
  たもの・部分穴あき
⑪重ねフリルのスカート
⑫細い布切れで作ったスカート
⑬マチ付きのスカート
⑭裾が斜めにカットされたスカート


【 注 意 】

 教師は、保護者に対し、12歳未満の女子の髪型が運動の邪魔にならずシンプルであり、化粧の濃さも常識的な範囲で行うよう、助言を与えること。

PAGE TOP