公益財団法人日本ボールルームダンス連盟

ジュニア育成

ジュニアスクールとは

子供たちのダンス:ジュニア・スクール (Junior School)

(財)日本ボールルームダンス連盟では、情操教育の一環として、子供たちを対象としたボールルームダンスの無料レッスンを行っています。
その拠点として、全国にジュニア・スクールを開設しています。
ジュニア・スクールでは、子供たちのために作られたカリキュラムをもとに、指導資格を持った教師がやさしく指導しています。
ぜひ一度、お近くのジュニア・スクールのご見学にお出かけください。

ボールルームダンスとは?

日本では一般には、社交ダンスと呼ばれていますが、国際的にはボールルームダンスという呼称が広く用いられています。
また、ソシアル・ダンスやスポーツ・ダンスと呼ばれることもあります。

どこで習えばよいの?

ダンスは基本を正しく覚えることが大切です。(財)日本ボールルームダンス連盟では、16歳未満のお子様を対象としたジュニア・スクールを全国的に開校しております。 これらのジュニア・スクールは無料で指導を受けられますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
ジュニア・スクール開校場所は別表をご覧下さい。

レッスンにはどの様なものが必要ですか?

服装は動きやすく、清潔なものであれば特別なものを用意する必要はありません。
靴は、学校の体育シューズで結構ですが、写真のようなダンス専門のシューズもあります。
詳細は、スクールの先生にご相談下さい。 

どんなレッスンを受けられますか?

ジュニア・スクールでは、子供たちがなじみ易い、軽快なリズムのサンバ、チャチャ、ルンバ、ジャイブやワルツ、タンゴ、スローリズム(ブルース)、クイック・ステップ、ウインナ・ワルツなどがカリキュラムに沿ってレッスンされます。
また、楽しいパーティダンスも取り入れられており、楽しみながらダンスの基本を身にt付けられる様になっています。

競技会とは何ですか?

競技会は、子供たちがダンスを楽しく習い、その成果を発表する場所として設けられています。競技会にご興味のある方は、スクールの先生にご相談ください。

PAGE TOP